今月発売のYogini vol.78で、瞑想に関するChaki先生のインタビューが掲載されました。

掲載記事は文字数の制限で短文ですので、より皆様の瞑想の知識が深まるために、以下にインタビュー全文を掲載いたします。ぜひご拝読ください。

Yogini vol.78のご購入はこちらから。

ー お知らせ ー

11月から瞑想を学ぶシリーズクラスを開講いたします!おそらくオンラインでの開催となる予定です。詳細をご希望の方はぜひこちらよりお問い合わせください。


1:瞑想歴を教えてください(何年)  20年

2:現在の瞑想の種類、それがどんな瞑想なのか、また、その瞑想法に至った理由を教えてください。

ヨーガ・スートラに記載されている通りに瞑想を行っています。ヨーガは繋がりという意味なので、ヨーガの瞑想(Dhyāna)には必ず繋がる対象物が必要です。人とのコミニュケーションも相手の名前を知らないと繋がりづらいように、ヨーガの瞑想は対象物を表す音も必要だと考えられています。

どの対象物を選ぶかはすごく重要です。一般的には先生と確認しながら自分に合った対象物を見つけていきます。自分に合っていない対象物を選ぶと瞑想をしても楽しくないし逆効果になる可能性もあります。僕の場合はインド古来の方式でGāyatrī(ガーヤットリー / 朝日)と繋がる瞑想を行っています。

瞑想の核の部分はハートの中でGayatrī Mantraを唱えてGayatrīに瞑想をしています。しかし突然そんな事をしても繋がりを作るのは困難なので深い繋がりを作る準備をする必要があります。複雑な工程なのでかなり簡略すると.....呼吸法で心を落ち着けてから、水のマントラや火のマントラ等を唱え自分の体を浄化します。浄化のパートはとても重要です。ザワザワした自分の中にGāyatrīに入ってもらうのは失礼ですよね。次にGāyatrīを自分のハートに取り入れるマントラを唱えた後、Gāyatrīを自分のハートに取り入れるジェスチャーを行います。最後にハートに入ったGāyatrīに対してGāyatrī Mantraを唱えながらGāyatrīと繋がる瞑想を行っています。108回唱える人もいるみたいだけど僕は12回だけ唱えています。急がずに質を大切にし適した回数を唱えて行うことが成功の秘訣だと思っています。


3:一日の瞑想時間(長さ)と時間帯を教えてください。その長さとしている理由を教えてください。

āsana(アーサナ)から始まって呼吸法をしたのちに瞑想を欠かさず毎日行なっています。合計で1時間30弱くらいでしょうか。瞑想の部分が40-50分位だと思います。これが朝の練習で、最近はコロナのおかげで時間があるので夕方海に行って夕日を感じながら更に30分ほど瞑想を行っています。僕が習った瞑想は全部完璧に行うとかなり時間がかかります。長年の経験により、無理すれば逆効果になることがわかったので自分の体調に合わせて適度な長さの瞑想を行っています。若い時は早く楽になりたくて長い瞑想をしていましたが、今から思うとあぐらをかいて戦ってただけみたいですね。


4.:瞑想をしているときの感覚や脳内ビジョンを、あえて言葉で表すと?

僕は瞑想中Gāyatrī Mantraを心の中で唱えています。しかし、見えているのか感じているのかはわかりませんが、そこにあるのは音ではなく美しい光です。瞑想以外では感じたことがないLight of Sound(音の光)といえばいいのでしょうか。詩人でもなければ言葉には言い表せない特別な体験です。


5:過去の瞑想体験で、読者にシェアできるものがあれば教えてください。

僕がやってる瞑想の本当の効果は10年毎日続けないと現れないといわれています。1日でも休んだらまた1から数え直さなくてはいけないそうです。実は瞑想すると調子悪くなる時期があってあと数ヶ月で10年というところで数週間お休みをしてしまいました。1からの数え直しです。無理をしては続かないのだなとつくづく教えられました。自分に合った瞑想を自分の技量や体調に合わせて愉しみながら行なうことが大切なんだと学ばされました。


6:先生にとっての瞑想とは?

初心者だったときには対象物と無理矢理つながろうと努力していました。でも今は瞑想に大切なのは謙虚さや人間性だと思っています。大切な人を自宅にお招きする時には家をきれいにしたりおもてなしの準備をする必要があるように、瞑想の対象物を自分の心に招き入れるのにあたって失礼がないように、体と心をある程度浄化させておくことが大切だと思っています。つまり出来るだけ良い人間にならないと瞑想はうまくいかないと経験的に理解しました。自分にとって尊いと思える対象物を見つけさえすれば、あとは瞑想の練習を通して対象物のおもてなしの仕方を覚えるだけです。自分のハートの中にGāyatrīを迎え入れて謙虚な心、愛、思いやり、尊敬心、感謝心等でGāyatrīを大切に包むことが出来れば僕の瞑想は成功します。そして確実に人間としても向上出来るので、普段の生活が豊かになっていきます。